第14回、眼科医療・メガネボランティアinネパール実施のお知らせ

■期間:2012年11月22日から28日
■場所:ネパール連邦民主共和国 カブレ郡
■検査人数:村民500人
■検査内容:眼科検診、治療、目薬提供、視力検査、フレーム選び、メガネの提供(全て無料)
■ボランティアの数:日本から6名、ネパールから25名、ネパール人眼科スタッフ5名
■他:村の児童に文具の提供

第1回が1998年で、2011年の被災地支援の年を除き、今年で14回目になります。毎年村を変えて活動をおこなっています。視力を検査した後に一人ひとりに合った度数のメガネを提供しています。また、ネパール人の眼科医師、看護士、薬剤師も参加し充実した眼科医療もおこなっています。

一昨年まで13回の活動で6161人の村民の方々を検査し、3820本のメガネを提供し、また2870人以上の目の検診・治療をおこなってきました。また、鉛筆ボールペンに寄贈は約33,220本になります。

準備の指示をする松田社長 裸眼視力場所の様子 老眼鏡の度数を確認する松田社長