メガネの松田 岩手県盛岡市のメガネ&コンタクトプロショップ

補聴器

  • 補聴器7日間お試しシステム
  • 取り扱い製品情報
  • 補聴器の基礎知識

最新のデジタル技術によるすぐれた機能

「デジタル補聴器って、使い方が難しそう」「私の耳に合うのかしら…」そんな疑問や不安をお持ちの方も、ご心配なく。

デジタル補聴器は、簡単に使えるだけでなく快適さをより追求したさまざまな機能が搭載されているのです。


雑音を、会話を際立たせます

これまでの補聴器の最大の問題点は、雑音の多さにありました。聞きたい音を大きくすると、まわりの雑音も大きくなってしまう。そのため、補聴器をつけるとうるさくて耳が疲れるという人も多かったようです。

しかし、現在のデジタル補聴器は、語音と雑音とを別々に処理し、雑音を最小限に抑えることができるので、とても静か。人の声がより聞き取りやすく、どんな場所でもスムースに会話ができます。


操作簡単!はじめの方でも簡単に使えます。

ユーザーにとってつねに最適な聞こえが得られるよう、まわりの環境に合わせてボリューム(音量)が自動で調整されます。デジタル補聴器の多くは、一度つけたら操作が不要な全自動タイプですので、はじめての方でも簡単に操作することができます。

また、電池の残量が少なくなってきたら、電池アラームでお知らせするので、突然の電池切れであわてる心配がな<安心です。


気になるビービー音(ハウリング)をおさえます。

ピーピー音(ハウリング)は、レシーバーから出た音がマイクロホンに再度戻ってくることによって発生します。

補聴器の形が耳に合っていなかったり、食事であごを動かして補聴器がずれた場合などに起こりやすくなります。デジタル補聴器には、ハウリングの原因を自動的に抑える機能があり、不快なピーピー音を軽減してくれるので、いつでも快適です。


フィッティングの柔軟性g高いから安心です。

補聴器を使う方の聴力や聞こえ方には個人差があるため、使用する環境や聞きたい音に合わせて補聴器を調整する必要があります。

デジタル補聴器は、コンピュータで調整を行うので、ユーザーのニーズに合わせて音質や音量を細かく設定でき、小さな音から大きな音まで、一人ひとりが満足のいく聞こえを得られるのです。